かながわ夢ポーク
リンク  
夢ポークHOME
夢ポークとは
夢ポークの特徴
夢ポークの
調査結果
養豚の歴史
Q&A
おいしい調理法

 食の安全が問われる中「生産者自らが品質保証する豚肉を消費者に届けたい」と2年がかりでブランド豚肉の生産を準備してきました。
  新鮮で安全、安心な豚肉を届けるためには「生産者の顔の見える」ことが重要で神奈川県産の豚肉を県内の消費者に提供する「地産地消」を目指し、生産、流通の体制までを検討し、システムを作りました。

(豚肉質へのこだわり)
○飼料の改良
  お茶
国産のものを使用し、豚の健康増進と豚肉では独特の匂いを和らげ、脂肪のアッサリ感を出し、独特の風味を付加する事に成功しました。
     
  さつまいも
乾燥サツマイモは豚肉に甘みと調理した際に美味しさを増加させます。かって全国的に有名となった高座豚生産の伝統技術を生かしています。
     
  ルーサンミール
天然型のビタミンを強化し、肉の日持ちが向上します。
純植物性飼料原料で食物繊維を増やし豚の健康を増進し、肉のけもの臭さを無くします。

○地元の食肉センターの利用と流通経路の簡素化
  近代的に整備された、神奈川食肉センターと横浜卸売市場食肉市場で食肉処理し、食肉取扱業者を限定すると共に、食肉販売店は「かながわブランド認定委員会」から認定された「かながわ夢ポーク認定販売店」で販売されます。

神奈川養豚の伝統技術と近代的な改良、飼養管理技術を取り入れ「かながわ夢ポーク飼養管理マニュアル」を完成し、これに従い各農場での品質管理の徹底により、品質と安全性を高めています。
かながわ夢ポークは、そんな歴史の集大成とも言えるブランドなのです。
 
 
 
このページのトップに戻る
copyright(c) 2005 KANAGAWA YUME Pork. All Rights Reserved.