かながわ畜産ひろば
文字サイズ
標準

トップページ > 畜産環境整備リースのご案内

畜産環境整備リースのご案内

畜産環境整備リースは、家畜糞尿処理や飼料生産給与、家畜飼養管理の面で、あなたの経営をサポートします。

畜産環境問題については、経営規模の拡大や混住化の進展等による深刻化、硝酸性窒素による地下水汚染やクリプトスポリジウムによる水道水源の汚染が社会的に問題となったこと等を背景として、「家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律」(以下、家畜排せつ物法)が制定され、家畜排せつ物の素掘り貯溜や野積み等の不適切な処理の解消が図られてきたところです。

 

家畜排せつ物法が、5年間の適用猶予期間を経て、平成十六年十一月一日に完全施行されたことに伴い、緊急避難的に簡易な措置により家畜排せつ物法管理基準に対応した農家等については、引き続き家畜排せつ物処理施設の整備を推進する必要があります。

施設等の要望がある場合は市町村・県の農政(畜産)担当機関に相談してください。

畜産環境整備リース(畜環リース)事業は、(財)畜産環境整備機構から畜産環境整備のための施設等を皆さんに貸付をする事業です。

その際、生じる金利相当分(附加貸付料)に対して、全額または、半額を県がリース期間に亘って補助を行い、皆様方の負担を軽減しております。

 

一、リース機械の範囲(種類)と貸付期間

  • リース機械の範囲は
    (1)家畜ふん尿処理や悪臭防止に必要な機械と付属機械
    (2)飼料収穫調製用機械と付属機械
  • 貸付期間
    貸付期間は、貸付機械の種類ごとに定められています。ただし、利用者が希望する場合は、貸付期間をその機械の法定耐用年数まで延長することができます。
  • 機械の所有
    貸付機械は、貸付期間が終了(「譲渡代金(機械の価格の一〇%)」の納入後)すると、利用者の所有となります。

 

家畜ふん尿処理等機械の品目・耐用年数・貸付期間
項  目 耐用
年数
貸付
期間
品   目
ふん尿処理機械 発酵機(装置) 攪拌乾燥機(装置) 火力乾燥機
送風機(装置) 換気扇 ふん尿焼却炉 鶏ふんボイラー
ふん尿混合機 固液分離機 ふん尿攪拌機
ばっき装置 集ふん車 脱臭装置(小型)
堆肥置き場(木造) その他 
脱臭装置(大型) 浄化装置
貯留槽(FRP製) 浄化槽(FRP製) 袋詰機(装置)
成型圧縮機 その他
15 堆肥置き場(主として金属造のもの)
20 12 主としてコンクリート製(発酵槽 堆肥舎 貯留槽 浄化槽
堆肥置き場)
撒布機 マニアスプレッダー バキュームカー(牽引)
レインガン 尿ポンプ ロータリー その他
運搬用機具 フロントローダー フォークリフト コンベアー
トレーラー 動力運搬車 搬送装置 パネルボックス その他
ふん尿排出機 ピットクリーナー スクレッパー
バーンクリーナー (チェーンのみは貸付期間5年)
トラクター 歩行型
乗用型
ショベルローダー  
車 輌 バキュームカー(積載量2t以下) 三輪自動車
バキュームカー(積載量2t以上) 軽四車輌 ダンプ
トラック

 

二、機種の選定

リース機械は、利用者が経営の規模やスペースなどを考え、自分に合った機種や能力のものを選べます。

 

三、リースの利用対象者

畜産農家であれば、どなたでも利用できます。

 

四、リース料は、基本貸付料と附加貸付料を合わせたものです。

  • 基本貸付料
    機械の取得価格の九〇%(残りの一〇%は譲渡代金)の額を貸付期間で割った額です。
    なお、初年度の納入額は、年額の約三〇%です。
    その他、頭金などの支払いは必要ありません。
  • 附加貸付料
    基本貸付料の残額に対して、農林漁業金融公庫の畜産経営環境調和推進資金と同じ金利が掛かります。
    (契約締結時によって利率が異なります。例えば、平成十八年四月時点では、年一・八%です。)
    なお、譲渡代金(機械の取得価格の一〇%)には附加貸付料が掛からないので、実質の利率は、更に低くなります。

 

五、その他の負担

※リース料の他に、次の費用を負担していただきます。

  • 保証保険
    保険会社が保証する保証保険に加入していただき、その保険料を負担していただきます。
  • 損害保険
    火災保険・車両保険又は動産総合保険のいずれかに加入していただき、その保険料を負担していただきます。
  • 固定資産税等
    固定資産税・自動車税等を負担していただきます。

相談先

リース事業による施設整備の要望がある場合は、市町村・県の農政担当機関にご相談ください。

 

畜環リース事業相談機関名地区名
地区名 機 関 名 電 話
横須賀・三浦 横須賀三浦地域県政総合センター農政部地域農政推進課 046-823-0210(代)
県 央 県央地域県政総合センター農政部地域農政推進課 046-224-1111(代)
湘 南 湘南地域県政総合センター農政部地域農政推進課 0463-22-2711(代)
県 西 県西地域県政総合センター農政部地域農政推進課 0465-32-8000(代)
横浜・川崎 横浜川崎地区農政事務所地域農政推進課 045-934-2372
全 域 一般社団法人 神奈川県畜産会 045-761-4191

パンフレット(PDF:2523KB)